ご支持頂く3つの秘密

murasakiirobar_top_riyu

秘密① 税務会計サービスを革新し続け、喜んでいただいていること

私ども小泉会計大江美保税理士事務所が、 提供しているサービスは 税務・会計に関する、疑問・質問にお答えし、 諸問題を解決することで 顧問先様の税務・会計活動をサポート・支援することです。
ところが、 帳票の整理から記帳などの実務をしたり、 財務諸表を作るのが仕事だと よく勘違いされます。  
確かに、 顧問先様の税務・会計活動を支援する活動の一環としてoemiho_meeting 実務をしたり諸表を作ったりはしますが、 それは、サポート活動の一部に過ぎません。
目に見えて分かりやすいですから、 そう思われるのでしょう。
また、 単なる税金対策の手段としてしか認識されていないこともあります。 私たち自身も 私どものサービスは何か、価値が何か、 ということをあまり意識してこなかったことも 正直なところです。
あらためて、 私どものサービスは、 「顧問先様の、税務・会計活動のサポート・支援」であり、
その価値は、税務・会計のプロがお墨付きを与えた、①お金そのものの情報と、②お金の状況やあり方から見た企業活動の実態にまつわる情報 を提供することで、経営判断に役立ててもらうことにあります。
②については、 私どもも十分ではなかったですし、 業界全体がまだ気づいていない、 または提供できていないのが実態です。
私ども小泉会計大江美保税理士事務所では、 今後ますます強化してまいります。
さらに、 経験豊かな私どものスタッフが 経営判断をするための選択肢を適切に提供する、 もしくはその道の専門家を紹介し、引継ぐことも、 経営者の身近にいる私どもだからこそできる、 大事な役目だと考えています。
今いくら利益が出ているのか、 その利益は計画通りだったのか、 今後どの資源に投資するのか、 お金の調達は必要か否か、 既に投資したお金を捨てるのか捨てないのか、 企業のありのままの現状を認識し、 分析して次なるアクション・判断を行う経営者の 「ほしい判断情報を、ほしいカタチで、ほしいタイミングで提供」することこそが 私たちの価値であり、使命だと痛感しています。
私たち自身のサービスのレベルアップを実現するため、 通常の業務とは別に、 毎月最低1回、月曜日に 所員同士の、自主的な「土曜日研究会」を行っています。
テーマは、doyoubikenkyukai 事例研究をしたり 時々の税制について理解を深めたり はたまた、 所員の興味深く感じているテーマであったりと 多岐にわたっています。
いずれにせよ、 サービスレベルアップをはかるための 所員レベルアップの 制度をもって、継続しております。
今後も、充実した内容にし、さらなるレベルアップをはかります。
 

秘密② 30年スタッフで、顧問先様も気づかない「痒いところに手が届く」事務所

現在は、 法人様約50企業、個人事業主様15人と契約し、 経営者様の経営判断に役立つ資料と情報を提供できるように、 サポートしているのが、3人の平均勤続年数30年のベテラン所員たちです。
彼らの働きは素晴らしいものがあります。
実務に精通しているのはもちろんのこと、 具体的な質問事項には、直ちに回答し、 長年の経験から経営者がまだ気づいていないニーズを踏まえて、 経営情報の交換をしています。
「来てもらってよかった」と言われることほど嬉しいことはありません。
安心して、経営・営業に集中していただくことは、 私どもの役目だと思っているからです。
office

現在の事務所(西院)

 
安心、信頼こそが 私どもベテラン所員が提供しているサービスの価値であり、 発展の原動力だと確信しています。
所長の大江自身も、 現場から離れないため、 実際に顧問先を回っています。
今後は、事務所経営者としての仕事に専念していくため、 実務で訪問することは少なくなります。
顧問先様のさらなる発展に貢献するために、 深い信頼関係を築く視点から顧問先様をご訪問してまいります。
 
このように、 顧問先様から「お客様も気づかない、痒いところに手が届く事務所」として 言葉をいただく背景には、 右京区西院地区に根づいて50年もの歴史を持っていることがあります。
前所長の小泉行男が、 当時の事務所があった、中京区の現在のJR二条駅前より、 現在の事務所がある右京区西院(西大路蛸薬師)に移転したのは、 1969(昭和44)年の8月の暑い盛りの最中でした。
以来、46年になります。
今では、当地において、 夏には地蔵盆のお供え物や春日神社に寄付をさせていただいたり、 事務所がある西大路蛸薬師周辺の清掃を全所員で行っています。
毎月1回、地域の掃除

地域の掃除

 
というのも、 地域に根づいて事業活動を展開することが、 私どもの発展につながり、 地域に貢献できる道だと考えているからです。
正直なところ、 このような考えは漠然とあったものの今までは弱かったのですが、 今後は、地域活動への参加や貢献をさらに強め、 財務・会計のプロとして、 西院地区の企業様にも発展に貢献できるように活動を強めます。
<顧問先様への貢献を使命とする、所員>
yoshimura_s吉村洋治 ~「吉村さん、うちに来てくれてありがたいなぁ」~
 
 
 
 

秘密③ 「経営力研究会」を設立し、「経営力アップ」を図るチャンスを創る

keiei1_4

記念すべき 第1回経営力研究会

 
バブルの好景気とその崩壊による長い不況を経験し、 経営者は事業を維持、発展させていくために、 単に努力するだけではなく、 事業経営には、 豊かな知識と知恵が不可欠であることを痛感しています。
他方で、 顧問先様の支援をさせていただく中で、 業種・業態は違えども、 集客や人材育成など同じ「経営課題」を持っていることに気づきました。
そこで、 1社ではなく、 顧問先様の経営者、経営幹部の方々が集い、 業種業態を越えて「経営」という枠組みで、 忌憚のない意見を出し合い、 互いに切磋琢磨する環境をつくることで 「経営力」を向上させることを目的に、 2008(平成20)年1月に起ち上げました。
必ずや希望の光が見えてくるものと信じております。
これまでに31回開催し、 多い時で40社、 平均25社程度が参加されて活気もあり元気もいただけます。 顧問先様向けに行っておりますが、 ご友人やご興味がございましたら、 まずはオブザーバーとしてご招待させていただきます。
 
<参加された経営者の喜びの感想>
●「社長の熱弁に感動いたしました。 わかりやすい言葉で身近な話題であり、 大変参考になりました。」 (銀行業)
●「現実に事業承継の問題に直面されておられる企業の 社長のお話しをじかに聞けて、 とても参考になりました。 身内に限らず 『出来る者に承継させる』という言葉がとても印象的でした。」 (アローズ司法書士事務所 児嶋正邦)
●「中国との取引きを始められたいきさつから 取引先の開拓および教育指導など 中国の現状や問題点も含め分かりやすく説明いただき、 中国や海外取引きの参考になる内容であった。」 (繊維卸売業)
●「知ってる者だけが得をするような昨今の背景において、 普段の業務からさまざまなトラブル発展の可能性があることを 再認識させて頂きました。 日常的に何をどこに聞けば良いか、 また費用等気になる事項だけに良き機会を頂きました。」 (NPO法人 理事長)
 
keiei4_1 keiei4_2 keiei3_2 keiei3_3